ブログ

インナー防錆をはじめました。(オプション)

rapan1

rapan2新車に等しい軽自動車の事故からのサイドシル(ステップ)の交換です。アウターパネルを外すとこのようにボディ強度を高めるためのリーンホースメントパネルにより補強されています。写真にもはっきりとわかるくらい、すでにサイドシルの下の耳の部分には錆が発生しています。ちなみに当社では赤〇印から防錆剤を散布し錆を防ぎます。もちろんこうしたボディ構造がわからないと難しい作業です。当社では今年から、オプションでインナー防錆をはじめました。大きく分けて3つです。
一つがドア、ボンネット、トランク、の内部とヒンジ部。
二つが、サイドシル(ステップ)内部、リアフェンダー内部。
三つが、エンジンルームのパネル内部。
以上の箇所の防錆を別途料金で受けたまっております。より確実に愛車の防錆を希望される方には、バンパー、ライト、トリムなどの部品の脱着施工をお勧めします。部品脱着費用は別途になります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る