ブログ

ディラー仕様のノックスドールにさらに当社のノックスドールで防錆をさせていただきました。その違いは。

mu-bu1
↑の写真はディラーで1100で防錆したフロア下部です。当社はサービスホール(赤い丸印)を利用し多噴ロングノズルで750の防錆材をサイドシル内部(OP)やサブフレーム、フレーム内部まで防錆塗布処理します。
mu-bu2
↑の写真は防錆マフラー塗装です。二重塗装の一層目の耐熱亜鉛塗装です。
赤のライン部分はディラーでの防錆剤が塗布されてませんでしたので、当社が完璧に塗布しておきました。
mu-bu3
↑の写真は二層目の耐熱シリコン塗装です。一層の時よりも耐久性が倍近く伸びました。
ダイハツのマフラーはワンピース(一つもの)で交換になると高額です。新車の時に予防しましょう。
二重塗装の防錆の効果は抜群です。
mu-bu4
↑の写真は下部後方からです。当社で使っている防錆剤1600と900と300による仕上がりです。
リアサスペンション、リアサイドメンバー、サブフレーム、以上の内部まで防錆処理します。
耐久性抜群なので施工保証は5年です。
mu-bu5
↑の写真はラジエターロアサポート部です。とても錆やすい部分。
内部外部と、ばっちり防錆材を塗布しました。
mu-bu6
↑の写真は下部前方からです。1600,900,300で当社で仕上がった写真です。
フロントサスペンション、エンジンメンバー、サスペンションメンバーその内部まで防錆処理します。
mu-bu7
↑の写真はリアフェンダー内部(OP)です。
内部全般と、タイヤハウスの継ぎ合わせは特に重点的に無溶剤700の防錆剤を流し込みます。
mu-bu8
↑の写真はフロントドア(OP)です。
トリムを外しビームやアウターパネル際を重点的に無溶剤700の防錆剤を塗布します。
mu-bu9
↑フロントドアと同じくリアドア(OP)も仕上げます。
その他、ボンネット内部、リアゲート内部、エンジンルーム内部他ヒンジ廻り等の防錆処理を行いました。
沿岸部、冬季の高速道路、国道、バイパス、山岳路を多用されるオーナー様の愛車を錆からお守りします。
同じノックスドールと言えどもディーラーとは一味違うハイスペックな防錆処理を行っております。
冬が来る前に愛車の錆対策の準備はお済ですか?ご指名お待ちしております。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る