施工事例

シルビア全塗装 ¥283,000

21年4月18日 作業の始まり
 
シルビアの全塗装の依頼です。バンパー等の取り寄せが遅れ、
お待たせいたしてすみません。金曜日からかかっております。
左の写真は、作業前のシルビアの勇姿です。
パールのシルビアも素敵ですが、お客様は、新色のダークアメジストカラーをご希望です。
まずは、既存のエアロパーツの取り外しです。 
 

21年4月19日 鈑金の始まり
 
後ろバンパーを外しました。
更に、ドアノブやドアミラーも外しました。
ドアパネル及びフロントパネルに数箇所、軽い鈑金を施しました。
写真で少し白くなってる部分がそうです。
右のドアも同じように進んでおります。 
 

4月20日 社外バンパーの確認
 
シルビアのお客様が、選んだフロントバンパー(左の写真)とリヤバンパー(右の写真)です。
梱包をはずして、既存のサイドエアロパーツや、車体と一緒に下処理の開始です。 

4月21日 取り外しパーツの下処理
 
取り外した、サイドスポイラー・リヤスポイラー・トランク・ドアミラー及び、取り寄せた前後バンパーは、汚れを落し下処理を施し、グレイのサフェサーを塗布しました。  

4月22日 パーツの塗装
 
取り外したパーツのうち、バックスポイラー・ドアミラー・サイドエアロパーツ更に、ボンネット・前左右フェンダーを先に塗装いたしました。
お客様の希望のダークアメジストカラーに手際よく染まっていきます。 
 

4月23日 パーツの塗装 その2

取り外しパーツの先行塗装、その2です。
左の写真は、外した左ドアに塗装前の下処理を行っています。
右の写真は、塗装ブースの中で、本塗装中、奥くに左右のドアがセットされています。
手前は、フロントバンパーです。職人は右を向いて、前フェンダーに付く、パーツを塗装中です。 

4月24日 スタット鈑金
 
いよいよ、シルビアの車体本体の鈑金をご紹介します。
シルビアの左後フェンダーは、へこみと軽い錆びが生じています。
このたびは、パネル交換無しで、鈑金修理で作業を進めます。
まずは、さびを削り、へこみ部分を溶植します。
次に、右の写真の器具を使って、スタット鈑金を行います。 
 

4月25日 バテ整形
  
写真を撮った角度が少しづつ違いますが、同じシルビアの左後フェンダーの鈑金です。
はじめに黄色のパテ、防錆効果もある下地つくりです。
つぎにピンクのパテで、本格的に整形し、最後に黒いサフェサーを塗布して、鈑金完了です。 

4月26日 車体オールペイント(塗装)

シルビアを塗装ブースに移動して、マスキング。
左の写真は、塗装の始まりです。
まずは、屋根ルーフから噴き付けます。
色替えですので、同じ色を、3回〜4回吹き付けます。
右の写真は、3回目の噴きつけです。 
 

4月27日 部品の組み付け フロントバンパー部分

別々に塗装した部品の組み付けに入ります。
まず、ドアを組んで、更にドアミラーも取り付けました。
写真は、前バンパーの組み付けと固定作業の様子です。
左の写真は、タイヤハウスインナーに手を突っ込んでのボルトピン留め。
右の写真は、車体を目の高さにまで上げて、フロントバンパーの数箇所を金属パーツを加工して留めしています。 
 

4月28日 完成

シルビアの全塗装が完成しました。
深い青色のダークアメジスト色 2コートメタリックです。
このたびの全塗装は、ドアの裏パネル、開閉時の見えるところも、塗装いたしました。
部品代(ショート パーツ) ¥7,800 鈑金及び脱着費用 ¥105,800
塗装費用 ¥164,900 その他費用 ¥4,500
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る