施工事例

ベンツ 右後ろ修理

21年7月13日 修理範囲の確認・部品の発注

ベンツの右後ろを追突された保険修理です。
新品の部品が揃ったので、修理にとりかかります。
まずは、トランクルーム内の部品を全部取り外します。
後ろガラスも外します。

7月14日 部品の取り外し

後ろ座席も外しました。
トランクフロアの修理には及びませんが、右後ろフェンダーのパネルも交換になります。
部品をいろいろはずして、右の写真、溶接前の状態です。

7月15日 部品の確認 

右後ろが中心の修理です。右側から見た写真です。
ここに、右の写真の新品の右後ろフェンダーを溶接していきます。

7月16日 溶接の開始

取り外したライトを仮止めし、溶接する大きなパネル部品を組んでみました。
仮止めの状態です。ピッタリと合いました。
さあ、溶接です。仮止めしたパネル部品を外し、1枚ごと、細かく溶接していきます。

7月23日 パテ整形・サフェーサー
 
ベンツの後ろパネル溶接のその後の作業です。
左の写真は、溶接作業を終えて、つなぎ目をパテ整形して、つなぎ目の段差をなだらかにしていきます。
右の写真は、それらパテ整形を終えて、仕上げのサフェーサーを全体に塗布したところです。

7月27日 塗装

ベンツの右後ろ修理の続きです。塗装に入りました。
塗装作業中は、ブースの中には職人以外は入れません。
搬入口の小窓から写真を撮っていますので、ぼやけたような写真になってしまいます。
右の写真は、塗装・乾燥を終えて、出てきたばかりのベンツです。

7月29日 部品の組み付け

ベンツの部品の組み付けです。
後ろドアですが、パワーウィンドウやドアロックの配線もあります。
右の写真は、トランクのパネルの裏側です。
こちらも、配線をして、内張り部品をはめ込みます。
この作業の合い間に、後ろガラスのはめ込みも、行いました。

7月31日 完成

ベンツの右後ろ鈑金・塗装、修理の完成です。
こちらのベンツは、相手の対物保険での修理です。
修理に加えて、以前当社で、クォーツガラスコーテイングを施工していますので、修理箇所の再コーティングの施工料も、相手の対物保険から支払われます。
修理金額は、後日、お知らせいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る