デントリペア(車の小さなへこみ修理)

車の小さな「へこみ」直します

車の小さな「へこみ」直します

デントリペアとは

デントリペアの修理方法(施工前)デントリペアの修理方法(施工後)
デントリペアは「パネルの裏側から専用の工具でへこみを元の形に押し戻す」という車のヘコミの修理工法です。

従来の鈑金塗装でへこみを修理する場合は「粗だし、パテ埋め、下地塗り、足付け、調色、マスキング、塗装、磨き」といった様々な工程が必要です。
施工には最短でも2~3日程度はかかり、塗装は100%新車と同じ色にはなりません。
ボカシ(塗装色の差を分かりづらくするために隣接パネルにも塗装を行う作業)が必要な場合は、へこみと関係ないパネルも変化します。

ほんのわずかなへこみで、「塗装の色を変えたくない」「実費修理なので鈑金より安く直したい」というお客様に評価をいただいております。

施工事例

ノア(ZRR80)のフロントドアへこみ

ノア(ZRR80)のフロントドアへこみ

ノア(ZRR80)のフロントドアへこみ

駐車中に隣の車からドアをぶつけられたヘコミ(ドアパンチ)です。塗装キズの有無やヘコミの形状と部位にもよりますが、板金塗装の半額程度の料金で綺麗に直すことができました。

施工できるヘコミの形状や部位に制限があります

デントリペアは直せるものに関しては抜群の威力を発揮しますが、万能ではありません。
以下ような場合はデントリペアでは直せないことが多いです。

×走行中に接触してできたダメージの大きいヘコミ
×ガードレールや平垣などに「ガリガリ」「ズリー」と擦ってしまったヘコミ
×カーボン素材や樹脂部分のヘコミ
△塗装にキズがあるヘコミ(塗装は修復できません)
△エッジ(縁)の折り返し部分、二重構造や袋構造の部位(工具が入らない場合)
△鉄板が伸びてしまっていると思われるヘコミ(極端に深いヘコミなど)

修理の可否はご自身で判断がつきにくいかと思いますので、遠慮なくお気軽にご相談下さい。
来店見積もりは無料で行っております。またデントリペアに限らず最良の修理方法をご提案致します。

豊富な施工実績を画像付きで紹介しています

当社アンテナショップ「デントリペア燕」のホームページに過去の施工事例を多数掲載しております。施工技術者は同一人物(高井剛史)です。
デントリペア燕

ページ上部へ戻る