車の下回り防錆塗装(ノックスドール)

「膜厚」だから剥がれにくいハイグレード防錆

鈑金塗装のプロが施工!車の下回り防錆コーティング(錆止め)

下回り防錆アンダーコート(ノックスドール)
高速道路の融雪剤や沿岸部の潮風などによる塩害(さび)でお困りではありませんか?車体構造を熟知した塗装のプロによる防サビ施工で、自動車の下回りや内部金属の劣化(さび)を抑制し、長期間に渡り愛車を保護します。

ノックスドール(Noxudoul)とは、業界屈指の防錆剤ブランドです

下回り防錆アンダーコート(ノックスドール)
ノックスドール(Noxudoul)とは世界有数の豪雪地域スウェーデンで開発された防錆剤ブランドです。サビの発生後でも腐食を抑制するその防錆性能は、ボルボ社の新車製造ラインや国内自動車メーカー(日産、ダイハツ、マツダ、スズキ、ホンダ)でも純正採用されているなど、国内外で実績と定評があります。当社はノックスドールの日本総代理店 ㈱創新 が認定する防錆店舗です。

圧倒的な膜厚-ノックスドール最上級の「UM1600」を採用

ノックスドールUM-1600
せっかくの防錆施工も、石ハネや雪道で下回りがこすれて剥がれてしまうことが考えられます。対策として「密着性」と「膜厚」が必要です。当社では「密着性に優れる油性系」+「堅牢で膜厚なファイバー配合」のノックスドールUM1600をアンダーフロアを中心に施工します。また施工部位によって商材の使い分けも行っており、ノックスドール900・750・700・300といった各ラインナップの膜厚・粘度・色味などを加味して、最適な防錆剤を選択しております。

サスペンション、メンバー、アンダーフロアサブフレームも標準施工

サスペンション
当社では上記部品の防錆施工も基本料金に含まれております。施工店によっては見逃されがちな箇所ですが、さびやすい重要部品です。サスペンションやフロントメンバーには可動性や美観を損ねない軟質で半透明色のノックスドール300を使用します。

鈑金塗装職人×ノックスドール=ハイクラスな防錆を実現

湿塩散布車卓越した耐久力で長期間にわたって防錆効果を発揮するノックスドールを車体整備のプロが適材適所に施工することで、ハイクラスな防錆を実現しました。車のサビが心配で、ワンランク上の防錆効果を求められる方、幹線道路(高速道路やバイパス)を日常的に利用される方、降雪地や海沿いにお住まいの方に特におすすめいたします。

◆耐久年数(耐用年数)と施工保証(アフターサービス)について

【新車】6年耐久(施工保証5年)
【中古車】3年耐久(施工保証3年)
耐久期間中は基本的にメンテナンスの必要はございません。耐久年数が経過した後は再施工をお勧めいたします。施工後は施工保証書を添付します。
(万が一の事故の際、アンダーフロア等の損傷が原因で防錆剤が剥離したとき、自動車保険の適用で修理対象となる場合があります。)
また施工保証期間内は防錆剤の摩耗があれば、無償で補修いたします。
車の防錆

◆下回り防錆塗装にかかる費用(料金価格表)

下回り防錆・ノックスドール施工料金表
・車種サイズは、車検証に表記されている車両寸法を参照します。
・バンパー、スポイラー、カバー等の部品の脱着費用は別途です。
・フレーム車(ハイエース、RV車、軽トラック等)は基本料金が3割増となります。
・中古車は汚れの洗浄や錆除去作業費用が追加になります。
・施工不良の箇所については無償で補充いたします。

軽自動車は規格上、5㎡未満の車種サイズに収まります。
目安として5ナンバー車(全長470cm以下かつ全長170cm以下)は、7㎡~8㎡未満の車種サイズに収まります。
【7㎡未満】ヴィッツ、アクア、パッソ、フィット、ノート、デミオ、スイフトなど
【8㎡未満】カローラ、シエンタ、フリード、ソリオ、ルーミー、タンクなど
3ナンバー車などは車種によりサイズが異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

【追加オプション】パネル内部の防錆

オプションで各パネル内部の防錆もご希望により承っております。特に中空部やパネルの継ぎ目は湿気でサビやすい箇所ですので、万全なサビ対策を希望されるお客様にはおすすめいたします。内部防錆には浸透性が良好なノックスドール700を使用します。無溶剤タイプなので人体に安全で、防錆剤特有の臭気も車内にはほとんど残りません。施工箇所は以下の通りです。
ドア内部とトランクフードサイドシルとリアフェンダー

1.ドア、ヒンジ、ボンネット、トランクの中空内部
2.リアフェンダーおよびサイドシル中空内部
3.エンジンルームのパネル継ぎ合わせ部
1・2・3とも各オプション12,000~円(税別)
「1~3のフルセット」で30,000~円(税別)です。
※部品の脱着費用が別途かかる場合がございます。

ドアの内部防錆の施工風景

ドアの内部防錆
防錆剤が拡散して噴霧されるノズルで、確実に継ぎ合わせ部分に防錆剤が浸透するように施工します。

リアフェンダーの内部防錆の施工風景

リアフェンダーとサイドシルの内部防錆
タイヤハウスのサービスホールから作業します。またトランクルームの内張りのクリップを外し、隙間からノズルを挿し込んで防錆剤をパネル裏に吹き付けます。

ボンネットフードの内部防錆の施工風景

ボンネット継ぎ目の防錆
ガラスや外板パネルにかからないよう養生を行った上で、車種によってはボンネット裏のカバーを外しての作業となります。

【追加オプション】防錆マフラーコート

マフラーは腐食が原因で交換となるとその費用は高額です。新車・新品の時に施工すれば高い防錆効果を得られます。
中古車などでマフラーが既に錆びている場合は、防錆効果があまり期待できないため施工をお断りすることもございます。いずれの場合もご相談ください。

耐熱シリコン+亜鉛の二重塗装

マフラーに二重防錆
上のグレー色に染まったマフラーが二重塗装の一層目の「亜鉛塗装」です(赤く囲ったところはサイドシル内部に防錆剤を噴霧する箇所です)。下の黒色に染まったマフラーが二重塗装の二層目の「耐熱シリコン」塗装です。二層にすることで一層の状態よりも耐久性が倍近く伸びます。施工保証期間は2年です。

マフラーにガラスコーティング

マフラーにガラスコーティング
ガラスコーティングは耐熱亜鉛塗装と比べると美観への影響が少なく、オリジナルのマフラーの質感を生かすことができます。新車(新品)のみ施工可能、施工保証期間は3年です。

施工内容は各社で差があります

同じノックスドールを扱っていても施工業者によって施工内容は違います。高品質の材料を扱い、危険を伴う作業です。他社で防錆をしたオーナー様から再施工のご依頼をいただく事例もございます。安い施工は安いなりの品質、というのが当社の見解です。弊社は2011年より延べ500台以上の下回り防錆アンダーコートの施工を行って参りました。「愛車を長く錆から守りたい」というお客様の立場で考え、お車の状態に合わせた的確なアドバイスと一台一台丁寧な施工を心がけております。

よくあるご質問

ノックスドール施工後も下部洗浄などのメンテナンスは必要ですか?
お客様ご自身で行うメンテナンスはございません。下回りをこすったりして防錆剤が剥離したかもしれないと思われたらご来店ください。リフトアップして確認し、必要に応じて防錆剤を補充いたします。また洗車機等による下部洗浄は防錆剤が落ちる恐れがありますので行わないようにして下さい。ご希望に応じて年1回程度のメンテナンスでご来店いただければより効果を実感できると思います。
ノックスドールの施工店はどこも同じ施工内容ですか?
施工業者によって施工内容も施工商材も異なります。当社では車体整備のプロが施工し、ノックスドールのラインナップの中でもファイバー配合で強化されているUM-1600を中心に、900、700(750)、300を施工しております。特にUM-1600は大手ディーラーの防錆店舗でも取り扱いが少なく、より優れた耐久性と防錆性能を求めるお客様向けの商材です。防錆剤の実際の質感などは店頭サンプルでお確かめいただけます。
追加オプションについて決めかねているのですが…
ご来店の際に追加オプションの内部防錆やマフラー防錆の説明をいたします。そのうえでご判断いただいて大丈夫です。ご不明な点があればお気軽にご相談ください。
マフラーの防錆は既にサビていてもできますか?
腐食したマフラーは防錆効果が期待できず、マフラーへの施工をお断りする場合がございます。二重防錆と一重防錆については若干のサビや汚れでも施工が可能な場合もありますが、状況によって判断が異なります。ガラスコーティングは新車(新品)のマフラーにのみ施工できます。いずれの場合もまずはご相談ください。
入庫後どのくらいの期間、車を預ければ良いですか? 代車はありますか?
混み具合にもよりますが、下回り防錆の施工は入庫後おおむね1週間くらいお車をお預かりします。ご希望によって最短3日程度でも施工は可能です(入庫のスケジュールによって日程を調整いたします)。代車の用意もございます。

ご予約・お問い合わせ

ご予約の際や、ご不明な点やご質問などがございましたら、電話やメールでお気軽にご相談ください。代車は無料でご用意しております。
TEL: 0256-93-3009
Mail: info@tp-takai.com

お支払いは現金のほかクレジットカードも対応しております。施工後、お車のお引渡しの際にご精算いただきます。

ページ上部へ戻る