施工事例

【下回り防錆】スバル レガシィ ノックスドール施工

施工前

レガシーのアンダーコートのご依頼です。既に腐食している箇所がありますが、油性タイプのノックスドールはサビ抑制剤(ラストインヒビター)を配合しており、サビの上からでも防錆効果を発揮します。また今回はより確実な施工を希望されるオーナー様の依頼により、前後バンパー・テールランプを脱着して作業いたしました(脱着費用は別途発生いたします。車種により脱着をお断りする場合もございます。ご了承ください)。

マフラー周辺には防錆がしてある痕跡が見受けられます。マフラーは腐食が進んでいる場合は防錆施工ができません。できるだけ新品(新車)時の施工をおすすめいたします。

ノックスドール施工後

アンダーフロア全体に、ノックスドールシリーズで最も耐擦り性のあるUM1600を十分な膜厚で施工しました。


フロントメンバー周辺は、エンジンやサスペンションの駆動影響を及ぼさないよう軟質で半透明色のノックスドール300を施工。


フロントタイヤハウス、カラード(塗装)サスペンションは美観を損ねないように養生しております。

リヤタイヤハウス

オプションのドアパネルの内部防錆です。内部防錆には浸透性に優れ、無溶剤で臭気の少ないノックスドール700を施工します。
トリムを脱着し、錆びやすいパネル継ぎ合わせ部、ビーム(補強)を支える弾性ブチル部分などに重点的に施工しました。

御用命ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る