施工事例

【下回り防錆】ティグアン ノックスドール施工

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV ティグアンの下回り防錆アンダーコート及びマフラー防錆(ガラスコーティング)の施工事例です。

施工前

リフトアップ後、アンダーフロアカバーを取り外した状態で施工前の状態を撮影しています。新車ですので汚れの付着も少なく簡単なクリーニングと脱脂作業を行って作業に入ります。マフラーガラスコーティング防錆は新品時でしか施工は行えないため、新車の場合にはおすすめいたします。

ノックスドール及びマフラー防錆(ガラスコーティング)施工後

アンダーフロア後方より。マフラーガラスコーティングは美観の変化を伴わないので、オリジナルの金属の質感を活かしたいというご要望にお応えができます。施工保証は3年です。

ノックスドールのラインナップで最も膜厚のあるUM1600をフロア全体に満遍なく施工しております。耐擦傷性に優れ、走行中に巻き上げる小石や少々のスレでは剥がれる心配はありません。細部にはノックスドール900も使用しています。またマフラーの遮熱板への影響を最小限に抑えるためマスキングで養生を行いました。


エンジンルーム付近やサスペンションなどのフロントグループには、駆動を阻害しないよう軟性で半透明のノックスドール300を使用しています。

フロントタイヤハウス お客様のご要望で黒色の防錆剤を施工しております。入庫の段階でお申し付けくださいませ。

リヤタイヤハウス

ご用命ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る