tp-takaiの記事一覧

  1. 【下回り防錆】トヨタノア ノックスドール施工

    9年落ち中古車のノア、下回りサビ止め施工です。以前所有していた車が錆びで車体に穴が開いて車検が通らず乗り換えを余儀なくされ、錆に対する予防の意識が高くなっているご様子でした。このような経験がある方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

    続きを読む
  2. 【コーティング】トヨタハリアー(60系)クォリティクォーツ施工

    新車の60系ハリアーに超撥水コーティング「クォリティクォーツ」を施工いたしました。コーティング施工前に細かい線キズやウォータースポット(雨染み)などを研磨して綺麗にします。新車と一口に言ってもメーカーやディーラー在庫時は雨ざらしの状態であることがほとんどですので、まずは美観を整えます。

    続きを読む
  3. 【下回り防錆】マツダCX-8(新車)ノックスドール施工

    マツダの最上級SUVのCX-8の防錆アンダーコートとマフラーガラスコーティングの施工事例です。近年の新型車はアンダーカバーが標準装着されていることが多く、これは空気の整流による燃費向上と泥や小石はね等による床下のダメージの軽減に貢献しています。

    続きを読む
  4. 【下回り防錆】平成10年式ジムニー ノックスドール施工

    今回は初度登録されてから約20年経過したジムニーの下回りのサビ止め施工事例です。車の経年による錆びの進行は雪国である新潟に住んでいる以上避けられないことですが、腐食が進んで最終的に穴が開いてしまうと車検に通らなくなってしまいます。そうなる前にノックスドールの施工をおすすめいたします。

    続きを読む
  5. 【下回り防錆】ホンダS660 ノックスドール施工

    【ノックスドール施工前】▼S660のようなオープンカーは冬季には運転を控える方もいると思いますが、長いスパンで考えれば錆び対策の有無で車体への累積のダメージに差が出てきます。

    続きを読む
  6. 【下回り防錆】BMW ALPINA D3 ノックスドール300施工

    【ノックスドール施工前】▼BMWのラインナップでも別格、特別チューン仕様のALPINA(アルピナ)モデルの新車の防錆施工です。オーナー様は関東から遠路遥々お越しいただきました。BMWはメーカー製造段階で既にサビ止めが施工しており、車体の塩害の対する意識の高さがうかがえます。

    続きを読む
  7. 【下回り防錆】トヨタCH-R ノックスドール施工

    【ノックスドール施工前】▼CH-Rは発売されてからまだ1~2年程度ですが、沿岸部に駐車する機会が多いというお客様で、既に錆の箇所が多く見受けられました。特にマフラーはかなり腐食しています。

    続きを読む
  8. プリウス30 防錆

    【下回り防錆】トヨタプリウス30 ノックスドール施工

    【防錆ノックスドール施工前】▼アンダーフロア後方より。今回は中古車ということで経年による錆が出始めている箇所もありました。錆の上からでもノックスドールの施工の有無によって錆の進行を大幅に遅らせることができます。

    続きを読む
  9. 【下回り防錆】ルノーカングー ノックスドール施工

    【防錆ノックスドール施工前】アンダーフロア後方より。スペアタイヤを外して、マフラーはマスキングで養生しています。サイドシルの内部防錆は楕円形のサービスホールを利用します。多孔型のロングノズルを挿入して満遍なくノックスドール700を浸透させます。

    続きを読む
  10. 【下回り防錆】BMW2シリーズ ノックスドール施工

    【ノックスドール防錆施工前】リフトアップして下回りを撮影しました。ベージュ色の箇所はメーカーで防錆処理がされています。BMWなどの欧州車メーカーの塩害に対する意識の高さが伝わってきます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る