フィルムコーティング

ホンダN-ONEのボンネットにフィルムコーティング

フィルムコーティングの施工事例ご紹介

N-ONEのボンネットに「フィルムコーティング」のご用命をいただきました。

フィルムコーティングは車体に貼る保護フィルムとは違い、スプレーガンを使って液体樹脂を吹き付けて硬化させます。

ボンネットは走行中の飛び石などで傷つきやすいですが、フィルム層があることで塗装へのダメージを軽減できます。

ボディ色:ブリリアントスポーティブルーメタリック(B593M)

施工前のボンネット

納車して間もない綺麗な状態です。このボンネットにフィルム層とクリアー層をコーティングしていきます。

N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング

フィルム層の吹き付け後

表面にゆず肌感が出たのが樹脂フィルムの層です。この上にさらにクリアーを重ねていきます。

N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング

クリアー層の吹き付け後

クリアーを重ねることで表面に艶感と光沢がでます。肌も先ほどのフィルム層のみの段階と比べてマイルドになります。

N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング

完成(仕上げ磨き作業を行います)

磨き作業でクリアーの表面を整えて、完成です。
万が一傷ついた場合でも、フィルムコーティングは剥がすことができます。
また少々のキズはクリアー層を磨くことで対応できます。

N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング N-ONEフィルムコーティング

ご用命ありがとうございました。

[clink url=”https://tp-takai.com/coauting/film/”]

ABOUT ME
高井剛史
テクノプロタカイのサイト運営・鈑金塗装・デントリペア(小さな凹みを塗装しないで修理する技法)を担当しています。地元の卸商社やディーラーで営業職を経た後、28歳のとき大阪でデントリペアの技術を修得し、技術職へ。根っからのインドア派で、最近は海外製のボードゲームにハマっています。
【お問い合わせはこちら】

各種お問い合わせやご相談は、電話かメールでお気軽にどうぞ。
なお来店予約については、聞き間違い等のご迷惑を避けるため、メールでのご連絡がおすすめです。

▼電話:0256-93-3009(受付時間8:30~18:30)
スマホの方はタップで電話をかけられます

▼メール:info@tp-takai.com(24時間受付)
問い合わせフォームへ